FC2ブログ
2009.11.08 ゆめうつつ3
 私は顔を出したそれに触ることなく、それを認めたことを充分わかるように声をあげて笑ってから大輝を見つめた。もう見なくたってどうなってるかなんてわかるのだけど、この瞬間はいつも声をあげて笑ってしまう。
 今から恥ずかしい事、痛い事、酷い事されるとわかっていてそうするんだからどうしようもないマゾだなぁと改めて確認するのだ。マゾが好きだ。好きなものに出会うと笑いは自然と漏れるものでしょう。

 背を向けるように小さく指示し腰に手を回して反対に向けてから、私は立ち上がってその腕を強く後ろで組ませ抱えてから、鏡の前に移動した。
 やらしい。
 当然大輝は顔を背けるからそれを注意する。
 ダメ、見ないと。そうして後ろから顎を掴んで正面に戻すと火照った顔と同時に声が聞こえる。
 誰が言おうとこの段取りが好きだ。
 
 それから近い位置から耳に語りかけてやる。

 見てごらん自分の顔、こんなマゾ丸出しの顔して。
 そんなにしてよく平気だねぇ。
 恥ずかしくないの?私だったら、こんなマネできないけど。
 ねぇ、これもう先が濡れてるんじゃないの?
 
 そうして初めて直に手で持ち上げてあげる。

 だけどここで止めてしまう。
 手をはなしてやってから私はまたソファーに戻って戸惑う姿を楽しむのだ。逃げるなら今だよ。嫌なら嫌といえばここで止めてあげる。だって強姦まがいなことしたくないしね。
 今度は迷うことなく大輝は自分の居場所をみつける。私の足元に助けを求めるように座る。
 だけど言葉は出てこない。
 
 暫く沈黙が続いた後に助け舟を出す。
 「何、どうするの?」
 「・・・お願いします。」
 「何を?」
 「いじめて下さい・・・」

 そう、これを言わせたかったのだ。
 しかも軽くでてくる言葉じゃなくて、本気のお願いが聞きたかったのだ。
 
 「お願いっていうのはねぇ、こうするんだよ。」
 
 私は大輝の髪を掴んで床に付くまで、それを引き摺りおろした。
 ああ、気持ちがいい。この瞬間大好き。
 それから頭に足を乗せる。

 「ちゃんと聞こえなかったから、もう一度大きな声で言い直して。」
 「・・・。」

 言葉に詰まった大輝の頭に乗せた足に力をこめる。
 
 私は幸せだ。
 小学生の頃の私は目の前で床に頭をつけて土下座をするその頭を踏みたくてもできなかった。それはしてはいけないことだと感じていたから。そして、いけないことだからこそ魅了されたのだ。
 数年越しの欲望が今叶う。
 私は我慢のできない人間だ。
 こうして夢見ていたことを実現しないと気がすまないのだ。
 それを勇気があると表現する人もいるけどなんだか違和感を感じる。私は大それた事なんてしていない。どちらかと言えば我慢の出来ないいけない人間だろう。
 それをこうして受け止めてくれる人間がいてよかったなと思う。
 今だってこうして大輝は欲している。
 衝動を止められないから動き出す。

 「いいの?もうやめようか」
 
 足をぐりぐりと動かす。

 「あ、ぁ待って、、下さい」
 「ほら、大きい声で言いな。だってされたいんでしょ?されたかったから今日こうしてのこのこやって来たんだから。」

 一度動きを止めて髪を掴んで目を合わせる。
 この顔がそそる。
 上げた顔の顎の下に爪先を差し入れて、促す。 
スポンサーサイト
[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://9ruikou.blog129.fc2.com/tb.php/58-51f35feb