FC2ブログ


私の前に身体を自由に動かせない男がいる。目の前に立って見つめると、男はこちらの意向を探るように窺い見る。目線が合うとすぐに外される。
もう充分に動けないこの男に、私は拘束を足していく、首輪、口枷。これでもう話せない。

さて、何をしようかな。

焦る必要はない。
だって、ここから彼は逃げ出せないんだから。
今度は口に出してみる。

何しようかな?

男は哀願するような瞳で見上げる。私はそれを眺めながら、いくつかの選択肢を想像する。
私はこの時間が好きだ。

お前の身体は今、お前の意志の下ではなくて、私の意志の下にあるんだよ。
私が下す決断をお前は、ひたすら甘受するしかない。ただそれだけが、お前のできることだよ。
私の機嫌を損ねないでね。お前の為に。

私はそれを心で言いながら、顔に触れ、見つめるのも好きだ。
声に出す言葉はいつも短くなる。

今から私の与える全てに、喘いでもらおう。

スポンサーサイト
[PR]

Secret