FC2ブログ


お前たちは私に苦しみを訴える。伝えずにひたすらに耐える時もある。そこから逃げ出そうと足掻いたり、助けてを請うたり、ひっそりと逃げる時もある。

マゾとは難儀なものですね。

そこに何かしらの苦痛がなければ快楽を感じられない。ちょうど良い苦痛だと快楽が足りない。苦痛に塗れた時に初めて得られるものがある。
溺れそうになりながら、得られそうな、得られた快楽にも同時に浸かってる。

こんな思いしなければ、良かったのに。と思う時もあるでしょう。
そこへ導いたのは私だけれど、それを求めていたのはお前だよ。

届かない何かに惹かれるでしょう?憧れ続けていたいのでしょう。
手に入ってしまったら、それは憧れではなくなるんだよ。焦がれる時に、甘さを感じているよね。

苦しみがあるからこそ、忘れられない快楽を知ることができる。
不思議だね。

だけど、私はお前たちがいるから、満たされる。
苦痛と快楽が入り混じったところで、足掻いている姿が可愛くて、助けたくも、沈めたくもなる。

自分のことは不思議には思わない。自然なことのように感じている。
スポンサーサイト
[PR]

Secret