FC2ブログ
【はじめに】

和 ルイ子です。
続けて読むと「悪い子」になります。

【La Siora】に入り、プロのドミナをスタートしました。
カミングアウトサロン【Eureka】にも所属しています。
プロフィールはこちら→RUIKO

*セッションのご予約はラシオラへ。
(03)6380-6568(TEL受付12:45-22:30)
毎週水木日 15:00-最終プレイ22:00受付です。

*プレイやお衣装などご質問はメールからも受け付けています。
lasiora2008@gmail.com 

*プライベートギャラリーもあります。
【waruiko's album】


*twitterはSM以外のことを主に呟いていますが、高頻度で更新しています。
Twitter→@wa_ruiko

私は子供の時からそうとは知らずSMに興味があって、大人になるにつれそれが「SM」と呼ばれるものだと知りました。
高校生から当時の彼氏と軽いプレイを始めて、成人したらSMクラブに入って技術と経験を得よう、と決めていました。
Sをやるには必要だと思ったからです。だからプロをずっと続けるつもりはありませんでした。
それが、始めてみたら想像よりもずっと面白くて今に至っています。

S的な欲求は当然色々とあるのですが、その人の本質に触れられたと思える時や、繋がれたと感じられる時に幸せを感じます。
どうせ人付き合いするのなら深く知って深く付き合いたい。その為にも肉体を使うことはとても有効だと思います。

好きなプレイや、SM遍歴など詳しくはこのブログにも書いているので読んでみてね。

*Introduction

I have an English blog also. Please check it on the following page:Domina Ruiko

I'm a professional dominatrix based in Tokyo.
I belong to La Siora, which is a BDSM club located in Shinjyuku, Tokyo.

When you want to have a session with me, please contact La Siora.
Email:lasiora2008@gmail.com 
TEL:(03)6380-6568
Website:https://lasiora.org/
Reception:12:45-22:30
Open: 7 days a week

My working days are every Wednesday, Thursday and Sunday from 15:00 to 22:00 (Last session starts around 22:00).
If you want to have a session on other days, please ask our reception staff via email.

You can see my portraits via the following link.https://lasiora.org/en/domina/ruiko/
I have a private gallery page and an English twitter account also.
Private gallery: https://waruiko.smugmug.com/ Twitter:https://twitter.com/DominaRuiko

Although I didn't know what "it" is called, I was interested in BDSM in my childhood. When I became an adult, I've learned the name.
I started BDSM play with my boyfriend when I was a high school student. Furthermore I decided to work as a professional dominatrix. Because Dominas need skills and experience.
I began my career as a professional dominatrix when I was 20 years old.
At that time, I was only thinking of working as a pro-domina for long enough to get the necessary skills and experience, and then quitting to enjoy BDSM only as a hobby. But I couldn’t.
Because it’s too fun to stop.
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Secret