FC2ブログ
13781055056211s.jpg

先日、欲望丸出しの記事を書きまして、そこから発散して、割合、肉体的にハードな欲求が落ち着いたのだけど
そしたら今度は「しっとりがやりたい」と思うようになった。
心に染み入って、入り込むようにするやつ。
表情に現れる少しの揺れに気付くような。
精神的なやつね。

涙を流す直前の顔だとか、大好きなんだ。
それは瞬間なんだけど。
泣く瞬間と、実際に涙が流れるまでには時差がある。
その時差の間が好き。

やっぱり心も身体も、支配したい。

先日はプレイ50回記念日。

「ルイ子さん大好きです。」
「どこが?」
「うーん、問題が起きた時に、良い方へ解決しようとしてくれることかな」
「へぇ」
「中身だね」

そうなんだ。中身なんだ。
うん、でも確かにプレイの内容とか、容姿だけだったら続いてないよね。

この豚は、豚になっている時が一番素直でいい。
余計なものから解き放たれている。


なにか不安がある時だとか、傷ついた時、人って、逆の態度にでてしまうことがあると思うの。
すごく緊張する時程、威張ってみたり
深く悲しい時に、怒りに転じたり
そういう経験あるよね。

そうなった時、修正したい。

それから、S的な欲望の話でいうと、置き換えて逃げさせたくないというのもある。
例えば、嫉妬で怒りに転じてるとしたら、しっかり苦しみをそのままに感じさせたい、とかね。

不安なことを自分自身に隠している、そういうのを、開いて暴きたいんだ。

その根源は、真意を解放させて慰めたいという気持ちと、無防備にさせて感覚100%のままに溺れさせたいという欲求の二つがある。
いつも自分の中に、守りたい、と、壊したい、の二つの欲求が同時に怒るのを感じる。

鎧を纏っている人、好き。
脱がせたい。
鎧を着ていれば攻撃から身を守れるけれども、暖かい風も感じることができない、肌と肌を合わせることができない。
脱いだら軽くて楽になれるよ。
その分、私は入り込める。
核が欲しいの。ど真ん中の。そこで関わっていきたいの。

「これから10年はルイ子さんと、プレイしてたいよ。」
「私が辞めちゃったらどうする?恨むんじゃない?」
「ううん、俺もう、それはしょうがないと思ってるんだよ。こんだけしてくれたんだから、そうなったら、しょうがないんです。」

鼻フックにハミを咬んだ豚の言葉はモゴモゴしてたけど、私に届いた。

13781054916100s.jpg



スポンサーサイト
[PR]

Secret