FC2ブログ
2012.11.12 好きな時間
文末に血液が写った写真があります。




逃げられないようにしてあげるのは、マゾにとって親切だ。
思う存分暴れることができるんだもん。
耐えがたい痛みが襲っても、叫び暴れても、逃げられないんだから、気が楽でしょう。

さあ、今からお仕置きをしてあげる。
と、台に寝かせ両足を高く吊るしました。
打ち据えるのは、太ももの裏。
どうしても逃げられない。

「ルイ子様、もう過ちを繰り返しません、ルイ子様!ルイ子様!」

言葉が終わるよりも先に次の痛みが襲って、必死に私に許しを請う。
ひとしきり遊んでから、結局私はいつもの台詞を吐いた。

「じゃあ、今から10発、動かなかったら許してあげる。」

動いても、避けることはできないけれども、やっぱり自分の意志で動かない姿が見たくなってしまう。

仰向けに寝転がってるから、表情が見えて、発狂しそうな痛みに耐えているのがよくわかる。

その顔のなんて、いいこと。

苦しくて苦しくて仕方ない表情って、なんて欲情するんだろう。
今きっと、すごく辛い思いをしてるんだろうな、って思うと、目が開く。
口が歪んで、唾液が滲む。

そして、この男は、こんなに辛い思いをしながら、私の命令に従っているのだ。
逃げられない中で、逃げずに、私が虐めやすい体勢を維持して、許しを請うの。
何度も。

スポンサーサイト
[PR]

Secret