FC2ブログ
2010.11.06 A2Z-E 掌の檻2
A2Z
カレンはEに彼女の時間を惜しみなく使った。
Eは頑丈な鎧を着ていた。
その鎧を脱がせてみたいと彼女は思ったのだ。

どうして、カレンはその鎧を脱がせたくなったのだろうか。
カレンは鎧を着ている人間を見ると無性にそれを剥がしてみたくなる趣味を持っていた。
しかしそれは全ての人間に対して持つ欲望ではなかった。

Eと出会うまでも、カレンは鎧を着た人間のそれを剥がしてきた。
その為に、あまり時間は要さなかった。

Eは簡単にはいかなかった。

カレンはEとたくさんの時間を過ごして、彼が鎧を脱ぐ時にも遭遇した。
しかし、気が付くと彼女の意志とは別に、彼はまた鎧を着ていた。
Eはカレンに鎧を脱がされたのではなく脱いだのだ。
いつも鎧を着ていたら流石に重く、疲れてしまうので自ら脱ぐのであった。

カレンはやる気が出た。

何故、Eが鎧を着ていたかというと無論それは身を守る為である。
彼は痛みを知っていた。

鎧を着ていない方が気持ちが良いよ。
身体は軽くなるし
抱き合った時には体はもっと重なるよ。
カレンは何度も何度もそう語りかけた。

そして遂に鎧を脱がせることに成功した。

カレンは、そうして鎧を脱がせて、痛めつけるのが好きだった。
カレンは鎧をEが見ていないうちに、さっさっと捨ててしまっていたのだ。

鎧をなくしてしまったEは、カレンからの攻撃に悶えるしかなかった。
それでも、この時ならまだ、逃げることも攻撃仕返すことも可能だった。

Eはカレンに恋をした。

鎧を脱がされた人間は恋をすることを許されるのだ。
だからEは逃げもしなかったし、攻撃もしなかった。

ただ、与えられる痛みに悶えて、カレンが笑うのが嬉しかった。
今まで鎧を着ていて感じなかった痛みを感じることが幸せにさえ思えた。

しかし、カレンはそれでも満足いかずに、Eの手をひいて檻の中へ閉じ込めてしまった。
鍵をかけてしまった。
彼はそうしなくても逃げないのに。

カレンはその上、Eを裸にして、武器も取り上げてしまった。
Eは言われるがままに従った。

カレンの檻は甘美な空間に見える。

だけど、甘美であるのはカレンが檻の前に現れた時のみだった。
カレンは自分が檻の前に立つ時のみ、明かりをつけた。

カレンがいない時には暗闇の中、じっと、何もすることもなく、待つことしかできなかった。


何日も何日もカレンが現れない時があった。

そうして現れたカレンを、Eは抗議するように見つめた。
すると、カレンは鍵を開けた。

「嫌になったなら、出て行きなさい。」

Eは檻を出ることができなかった。
Eはカレンと一緒にいたかったから。

カレンは抗議したEに罰を与えた。
無理やりに檻の外に出してしまった。

「お願いですから、檻の中に戻してください。」
「檻の中にいたら、私はこれからもお前を痛めつけるよ。それでもいいの?」
「はい。」

もう檻も鍵もいらなくなっていたのだ。

「それならば、私と約束をしなさい。」

カレンは、その唇をすぼめて、悪魔のような言葉で縛り付けた。

「どんなことがあっても、私に憎しみを抱かないと。」

こうしてEは、また檻に戻った。

今度こそ、ただ待つことしかできなくなって、鍵がしめられる音を快感の中聞いた。
スポンサーサイト
[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://9ruikou.blog129.fc2.com/tb.php/127-2c037cd6