FC2ブログ
2016.01.29 A2Z-N 髪
A2Z
部屋に、いくつかのハイヒールを並べて、いくつかのワンピースを広げた。

私はNが選んだ黒のワンピースとバイカラーのハイヒールを、
取って身につけて、彼をベットに座らせて隣に腰かけた。

その肩を押して、口を合わせたのが最初の夜だった。

Nは無駄なことを話さない誠実な印象だったけれど、鏡越しのたまにわかる表情は、笑みが我慢できないような場合が多かった。
目線の先は髪の毛に集中されていて、好きでたまらないことがよくわかった。
その姿を確認しながら、私はいつかこの男を食べてやろうと目論んでいた。
けれども、慎重に時間をかけて。狙いを定めている時間が貴重なことを私はもう知っていたのだった。

「これだけ長いと、洗うのも大変ですよね。」
「洗うのはまだいいんだけど、乾かすのが大変で。」
「来ていただけたら、いつでも乾かします。」

家でNに髪を乾かされながら、その時の会話を思い返した。
こうなるまで、手がかかった。

「僕、日本を離れないといけないんですよ。だから、先に進むべきじゃないと思うんです。」
「いいじゃん。それまでの間で。1番楽しい時間だけ一緒にいられるよ。」

机の足と本棚の足に手足を縛って目隠しをするとNは恐いと言った。
服を捲り上げるとお腹が見えてきてそのまま胸まで。
この景色が私は好き。
ベルトを外す瞬間も好きだ。

どこから食べよう。

駄目、という言葉は、甘美な言葉だと思う。
服は着ているところからスタートするから脱がす楽しみがある。
手間がかかるのは、楽しい。
公的な姿を見ているから、あられもない姿が際立つ。
話さず、言葉少ない口から漏れでてしまう声は私を湧き立たせる。

私はNの口を手で塞いだ。

そこから溢れてしまう声を振動で感じて、私はNの鼓膜を揺らして濡らした。

夏が最後の力を振り絞るような日が最後だった。
暑さは、日が一番長い時を越えてから増していく。
強い日差しを浴びながら川沿いを歩いて、私たちは橋を渡った。

橋の真ん中から見る景色は、ほどよく雲が装飾された終わりのない青空へ、日が引かれ、冬へ向かう熱があった。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!