FC2ブログ
奴隷が関西に戻ることになって、一緒に8月はめいいっぱい遊んで9月はダラダラした。
そして、東京にいる間の、最後のプレイをした。

初めて、ここでプレイしたのは3年以上前だ。そしてその間、何度プレイをしたんだろうね。


その前夜だったかな?
奴隷は私に「ルイ子様、擦れてますよね」と言って、私はカチンときた。
今までも、強いですよね、とか、ドライですよね。とか言うから。
確かに、私は、泣き言を言ったことがなったかも。いつでもふざけて軽口叩いて、しょうもないなー、って呆れられていたい。
でも色々あることは察してよね、と言ったら
ルイ子様は完璧に見えるから、僕とは違う感覚の人なのかもと思ってた
と言われた。

私は自分を誉めてやりたいよ!(笑)
これだけ長い時間を共有しているのに、そう思わせるなんて、やるじゃん、私、と。

最後のプレイの日、
どんなプレイをするか、決めてなかったけれど
こんな時にしっくりくるのは何故か、一本鞭だ。

そうそう、最初なんて、ぜーんぜん、コイツ受けられなかったのよね。
そう最初は…

と、四つん這いになった背中を見たら、記憶が甦ってきた。
色々あった。そして色々あった後には、いつも鞭を打ってきた。
そんな色々が頭を巡って、私は涙を溢れさせそうになってしまって、なかなか打ち始めることができなかった。

不思議なもので、私がそうなっている時に、同じ感覚を味わっていたみたいで、打ち出す前から、奴隷も啜り泣いていた。
私はなんとか、堪えて打ち出したんだけど、打ち出したら、我慢できなかった

「一打一打の度に、普段忘れていた記憶が思い出されて…」って後で奴隷は言っていた。
その時言葉はなかったけど、確実に同じ気持ちになって共有していることはわかった。

打っていくと、啜り泣きが嗚咽に変わる。
こんなに泣き続けたのはさすがに初めてだったんじゃないかな。
私はただ流れるものは、そのままにしていた。
音を出さなければ背後にいる私が涙を溢していることはわからないはずだから。
SMの主役は女王様じゃなくて奴隷だからね。

最後、崩れて、泣いてるところに寄ったら
私の顔を見上げて、声を上げた。
そしたら、もうおさまったはずの涙が溢れてしまった。

あーあ、女王様失格だ。
でも、お前よりは泣いてないから、セーフかな。

東京駅で最後になっても、うるうるしてやがって、しょうがないヤツだ。


あの時、私は言葉では言わなかったけれど
愛してると強く思って伝えようとしてた。
それも、ちゃんと伝わってたと、そう思ってるよ。

頑張っておいで。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]