FC2ブログ
帰国してから一ヶ月が経った。あれ、まだ一ヶ月しか経っていないんだね。
まだまだSMが新鮮で毎回のプレイで興奮してる。
改めてSMっていいなぁと思うところがたくさんあって何から書いていいのかわからない。
思いつく順に書いていこうと思う。

まず、人の核に触れられること。
プレイ中は快楽だったり、苦痛だったりに塗れて理性が飛んでいる。私たちは普段の生活では社会に合わせて客観的に自分をチューニングしている。立場や役割に合わせて。でもSMプレイ中はそれらに構っている余裕がない。それはどんなプレイでも一緒。
切実に、ホテルの一室で喘いでいる。

そこに私がいること。そこに私が導けること。それを私がコントロールしていると感じられること。

そう。はじめに良いことらしいことを言ったけれど、私には核を剥き出しにしたいという欲望がある。その鍵を私が握っていたい。
支配したい。心のど真ん中に私の存在を置きたいと思っている。ずっと。
それが成功した後で、私に服従させたい。手の中に置いておきたい。それから幸せと苦痛を味合わせたい。

それから。プレイの最中にマゾが自我を手放した時に、私もそれにリンクして違う世界へ一緒に行けること。繋がれているように思える時。二人で世界が完結している時間が好き。
心の中で「お前は私のもの」と呟いている時がある。私の思うままに与えて受け入れさせて、それに苦しみながらも幸せを感じさせていたい。ずっと。お前の一生を。運命を握っていたい。

道徳的に考えると、そんな欲求は認められるべきではない。でも私も理性が飛んでいるからそれを赦している。目の前にいる相手もそれを望んで、満足している。

SMはそれができる。
と感じられるんだ。

2019020121353278b.jpeg
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

SMが大好きだからこそ、私たちはSMについて考察することが多いと思う。色々な理屈を見つけることも多い。でもプレイ中に反射的に起こる興奮は理由を説明できない。

本当に苦しそうにもがいて逃げようとする様を見た時に私の身体に甘い痺れが走る。思考の入る余地のない反射。
動物的な危機に対する反応を、グッと人間に戻して、目を見つめながら更に刺激を与えている時に浮かぶ瞳の様々な色は私を浮遊させる。

反射的な痺れは、私自身を驚かせる。
自分に中にある疑い用のない性癖に気付かされるから。

20180521151031bd4.jpeg


プレイを進めている中で、ある段階へスイッチが入るとふわっとする。一番酷いことをしている時に穏やかな感じになるんだ。そうなる時が好き。浮遊しているような感覚。なんでもできるような気もする。
目の前のマゾを自由に動かせるような気持ち。

私の下で、声を上げているのが可愛い。小さな存在に思える。
もっと、苦しめて力をなくしたいと思う。

2018050717434988d.jpeg
両目、鼻、口の開いてるマスクも好きだし、ちいさーい穴しか開いてないブレスコントロールのできるマスクも含めて、全頭マスクが好きです。

被せた瞬間に、「顔」を失って、人権を失って、被支配者としてのポジションに素早く落ちる。スイッチも入りやすい。
以前から何度も言っているけれど、顔、を責めるのは好きです。尊厳を奪えるし、責めてる時に表情が見えるから。

マゾの表情を見るのが好き。
でも、全頭マスクを被せたら、それが全くわからなくなっちゃう。それもまた良し。

マスクの下で喚いたり、呻いたり、喘いだりしていても、声は小さくなってしまうし、表情も見えないから必死さも伝わらない。
弱い存在としてただ受け入れるしかない。
そんなのも良いじゃない?

マスクを取った時の表情を見るのも好き。
ギャグや口内を犯した所為で唾液に塗れているのも良い。
助けを求めるようだったり、安心したようだったり、恐怖だったり、恍惚としたような表情が確認できる。

全頭マスク、好きだな。

ペニバンで抱いて、気持ちよくなって蕩けている時に、頬を叩きたくなる時がある。
出来る限りの優しさと快感を与えながら、酷くすると、犯している実感があるから。
蹂躙したいし、尊厳を踏み潰したいんだ。

恐怖だとか痛みだとかをたくさん与えたあとに抱きたくなる時もある。
そういう時の表情が好きだ。

相反する気持ちの両方を抱かせたい。
両方が欲しい、というか、全部を私のものにしたい。

快感に塗れながら、零れ出る告白を聞いていると、このまま止まってしまえばいいのにと思う。
思い通りにならないで、持て余した気持ちをどうにかしたくて、私はマゾに様々な感覚を与えずにはいられなくなる。