FC2ブログ
小学校中学年頃を過ぎると、女子が男子を追い掛け回す光景がよく見られる。
私も例外なくそうしていたのだけど、幼少期から続けていた妄想ストーリーの代替として男の子を虐めるようになったのは小学5年生だったと思う。
お気に入りの男の子がいた。彼、Aはクラスの中でも中心的な人物であった。

放課後、休み時間にAをどんな風に虐めるのかを考えるのが就寝前の楽しみに取って代わった。

いろいろな遊びをした。
閉じ込める遊びはよくした。建物と建物の間の隙間に入れて、何故かそこにあった格子の扉を閉めて外側から鍵をかけた。
隙間から手を入れれれば中からも簡単に開錠できるけれど、私は隙間から棒でつついたりしてそれができないように妨害した。
休み時間中そうして遊んでいたと思う。

Aの持ち物を取り上げて、お願いの仕方を何度もやり直させた。言い方が違うでしょ、と繰り返した後に壊れない物の場合は遠くに投げた。
「取ってこい、ポチ」と言って。
私はこうした遊びをしながら「おしっこがしたくなる感覚」を味わうことを覚えたのだけど、土下座をさせた時にはその感覚が強すぎて立っていられないような衝動が湧いた。

今でも、あの頃のベストシーンが私の中にはいくつかある。
Aだって、本当に嫌ならば避けることはいくらでもできたはず。Aも望んでいなければ校庭の隅の建物の隙間になんて入れられない。

今Aはどうしているんだろう。


つづく

次はもう少し早めに書きたいと思います。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
ブログを始めてすぐの頃にもSM遍歴について書いていましたが、改めて丁寧に書き直したいと思います。
今までブログを読んでいた方にとっては知っている内容になると思いますが、読んでみて下さい。





いくつの頃だっただろう。幼稚園の頃だったか、それとももう少し先の頃だったのか。
当時の私はSEXに関することは何も知らなかったし、どうやって子供が生まれるかも当然わかっていなかった。
だけど、あることを考えると、おしっこがしたい感覚に見舞われる。なんだかそれは不思議な、もっとそれが欲しくなるような感覚だった。
「あること」も「おしっこがしたくなる感覚」も名前は知らなかった。
いろんなストーリーを作って、毎晩それを思い返しては訂正して継ぎ足して「あること」の精度をあげていった。

女の人が街中の電話ボックスの中に閉じ込められて出られなくなってしまっている。周りから様子は全て見えているけど、誰も助けてくれない。
彼女はおしっこがしたくて、なんとか脱出しようとするも出られなくて、我慢ならずに漏らししまう。
コンクリートには彼女の脚の間から続く尿の跡がコンクリートにくっきり浮かび上がっている。

何も性に関する知識がない私がひねり出したストーリーの完成の形はこれだった。
登場人物には私はいなく、知人もいない。男女の拘りもなかった。
「あること」が「SM」という名前で括られていること、「おしっこがしたくなる感覚」が性的な興奮であると知るのはまだまだ先のことだった。

同じマンションの子供たちとするお気に入りの遊びがあった。
女の子たちだけでするごっこ遊びのストーリーを私はよく提案していて、この台詞を言って、とストーリーの中で指示も出していた。
そこでは当時流行っていた「家なき子」というドラマの中で使われていた台詞を頻繁に使っていた。
「私が空飛ぶ蝶々ならあなたは地を這いつくばる蛙よ。」
そんなセリフを言い合っていたが、私は言われる役をすることが多かった。

あの頃を振り返ると、私はSM的なシチュエーションを好む癖を最初から持っていて、自分はSでもMでもどちらでも良かったのだと思う。
シチュエーションが作れるならば私はどの立場でも良かったし、寧ろ私がいなくても良かった。
これは後付の推測になるだろうけど、私がSという立場に進んでいったのは後天的な環境や性格によるものだと思う。
でも、SMの癖は生まれていた時から決まっていたのだと思う。



つづきます。
以前も紹介したこの【ラバーポンプギャグ】お気に入りでよく使っています。
苦しむ表情をゆったりとみられるのが好きです。

また違うバージョンのギャグがこちら。


中が空洞になってチューブに繋がっています。
膨らませて、うまくはまるとこれもチューブを塞ぐと息が吸えなくなる。
それから注入できるのがいいところ。体勢だとか、膨らみ具合を見ながら追い詰めていきます。
仰向けになっていると口内が開いたままで嚥下するのが難しいので、自分の唾液だけでも苦しくなってくる。

このギャグはベルトがないので、もっとシビアに責めたい時に…


この小さーい穴が一つ開いているマスクと併用するといいことが、マゾと研究してわかりました。
ギャグをつけた状態でマスクを被るのね。

勿論何も見えないですし、これだと鼻からも確実に息が吸えないので、コントロールが完全にできます。
でもこの組み合わせは【死ぬマスク】より恐いと思うー。(ところでこの記事懐かしいな)
只今、ラシオラのHPのトップページが私の画像になってます。
じゃーん
【こちら】
元々、違う意図で撮った写真…だったのですが
可愛くアレンジしてくれています。

この時の写真はモードっぽくがイメージ…普段赤い口紅を付けているけど敢えてのベージュでした。

それから敢えての裸足も。

私服でプレイすることも少なくないですが、外から来た、そのままの格好でプレイするのって
日常からのコントラストが強くなるのがいいよね。

跪く、という何気ない行為一つとっても、普段はそんな行動しない。
そういう一つ一つにドキドキしたいな。

twitterもやっているので、blogでは纏まった文書を…と思ってたのだけど、もう少し気軽にblogも更新していこうと思います。
2017.01.02 謹賀新年
明けましておめでとうございます。
皆様、お正月は如何お過ごしでしょうか?

私は元日から、欲に塗れて、打って震える身体を見ていました。
震えのような身体の反応は、本当だからいいですよね。

昨年中も大変お世話になりました。
31日にも書きましたが、皆さんがいなければ私は様々なことができていません。

本年もよろしくお願いいたします。

本年も皆様にとって良い年になりますように。
良い時間を共有できますように。


写真はクリスマスイブのヴィーナスナイトより。