FC2ブログ
2020.01.17 中毒性
「芸人の中で誰が1番好き?」と聞かれることがたまにある。私はお笑いが好きだけど、劇場に熱心に通ったり、若手に詳しいわけでもないから、答えに困る。だけど、寝付きの悪い時に聞くラジオはもっぱら「オードリーのオールナイトニッポン」だからオードリーが好きなんだと思う。近年の漫才も好き。

SMブログでなんで唐突にそんな話をしているかというと、若林さんのエッセイ「社会人大学 人見知り学部 卒業見込み」を読んで、共感するところがあったから。(最新刊を読んで昔のエッセイも読みたくなった。)
私が人生で好きなことは、SMと音楽とお酒とお笑い。共通項がある。
若林さんのエッセイで、芸人が口を揃えて「大勢の人間の笑い声には中毒性がある。」というところでは、先日の音楽ライブのステージを思い出して、その中毒性を思い出していたのだけど続けてこんな文章があった。

"このあいだ、精神科医の人と話をしていてお笑い芸人を目指す人の特性について聞いた。即答で「人間不信でしょうね」と言われた。
笑うという反応は人間の中でも嘘のつきにくい反応なのだそうだ。"
"(前略)漫才をやっている時にお客さんの笑い声を聞いて圧倒的だなと驚いた。
それは、反応への実感性と信用度だ。"

同じようなことを考えて言葉にしている人がいるんだなと、高揚した。「反応への実感性と信用度」という言場には、言語化してくれた!と、感銘も受けた。
私は、SMの好きなところの、重要な一つとして「嘘のない反応」があると言ってきた。私は人間不信ではないけれど、学生の頃から誰とでも共通して話せる話題が好きではなくて、大きいグループでの付き合いは避けていた。協調性によって本心が聞けないだろうと、信用していなかった。

では、なんで嘘のない反応や、本心が欲しいのだろう、と考えると、そこには「知りたい」とか「繋がりたい」という気持ちが出てくる。SMの場合はそこに「支配したい」がでてくるのだけども、大きく括ると「支配したい」は「繋がりたい」に括られると思う。
ステージ上もSMプレイ中も、現世ではないような異世界にいるような感覚に陥る。私たちは普段、様々な人間関係の中で役割、立ち位置がある。どれの自分も嘘ではない。ただ、異世界と感じる場所にいる瞬間はそれが消えて、いまそこにいる人間しか存在しないような感覚になるんだ。そうして、そこにいる人と「繋がっている」と感じる。

そんな時間にはやっぱり中毒性がある。
SMプレイなんて、その上、性的快感もあるわけで、やめられるわけないよね。

スポンサーサイト
[PR]

最近、発見したお気に入りのシチュエーション。

何度もブログに書いているので、私が呼吸管理が好きなことは知っている人が多いかと思います。マミーに使っているストレッチフィルムを顔に巻いて目だけを出す。そして、唯一息ができる鼻からの空気の通り道を手で塞ぐ。
これなら、マスクと違って相手の目が見られるし、マゾも私のことが見られます。
ここまでは今までもやっていたこと。

こうして頭部を巻いた上で、全身をマミーで拘束した上に寝そべって、空気の抜け道を塞ぎながら、ラップに覆われた口元に耳をピッタリつけるのが最近のお気に入りです。
顔は見られないけれど、苦しくなった時に漏れ出る声と息遣いが私の耳にダイレクトに入ってくる。いつもなら小さくて聞き逃してしまう声も聞こえる。
私はマゾの呻き声や叫び声が大好きで、プレイ中に録音したそれを寝る前に聞くことがあります。それがたくさん聞こえる。自発的でない、我慢できなくなって出てしまう声。

それから、もっと苦しくなると私の下で逃げられない身体が蠢き出す。私はそれを全身で感じる。耳に直接入ってくる声と、身体で感じる蠢き。
これが大好き。
顔を上げて耳を外して、手を伸ばして、息をさせてあげながら、顔を眺める。目の表情を確認してからまた、空気を封じて観察する。そして、また耳をつける。身体で蠢きをまた感じる。

2020.01.02 謹賀新年
明けましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。

毎回お参りの際に願うことは同じです。「健康と平和」。ものすごくベタで綺麗事ですが、それが一番大事だからです。嘘っぽいかな?
皆さんと、皆さんが、健康で平和な世界で、楽しい一年が過ごせますように。

初詣は奈良の春日大社に参りました。東大寺で、引いたおみくじは大吉でした。ヒョウが虎に変わるように躍進するんですって。でも大吉は、今がピークという意味もあるので、下がらないように勉強していきたいと思っています。

年末は、城崎で蟹をいただいてからフィリピンに飛んで、今大阪にいます。毎日違うところに宿泊した日々だったのですが、思ったよりも疲れはありません。
移動の時間も長かったので、本もたくさん読めましたし、考える時間もたくさんありました。今年にやろうと考えていたことが、纏まってきました。

SMは私が物心ついた頃から毎日、思ってきたことです。プロのドミナになってから、そのことが褒められるようになって、驚いたものでした。自分の性癖ですから。オナニーをしていたら褒められた、ようなものです。
毎日考えているので、それはもう私のアイデンティティーのようなもので、これからもこの習慣は消えることはないのだと思います。
だけど、SMに対するモチベーションの方向性が少しずつ変わってきて、今自分は次のフェーズにいるんだろうなということを去年の後半からは強く感じていました。
どんな風なフェーズなのか、という部分はプレイをしてる中や、文章の中で感じる人がいれば感じてもらえたら良いと思いますし、表出してるものはあまり変わらないかもしれないので、特に変化を感じなくても良いと思っています。
根本的なものは変わらず、続いていきます。

去年のご挨拶でも書きましたが、私は私の大好きなSMという場で、大好きなM男、大好きな人たちと、深くかかわって、瞬間や時間を共有できることを幸せに思っています。
今年からもまた、そんな日々が送れるますように、また今年も進んで行きたいと思います。

今年もよろしくお願いします。

(フィリピンにて)

2020年はどんな楽しい時間が過ごせるかな?
【はじめに】

和 ルイ子です。
続けて読むと「悪い子」になります。

【La Siora】に入り、プロのドミナをスタートしました。
カミングアウトサロン【Eureka】にも所属しています。
プロフィールはこちら→RUIKO

*セッションのご予約はラシオラへ。
(03)6380-6568(TEL受付12:45-22:30)
毎週水木日 15:00-最終プレイ22:00受付です。

*プレイやお衣装などご質問はメールからも受け付けています。
lasiora2008@gmail.com 

*プライベートギャラリーもあります。
【waruiko's album】


*twitterはSM以外のことを主に呟いていますが、高頻度で更新しています。
Twitter→@wa_ruiko

私は子供の時からそうとは知らずSMに興味があって、大人になるにつれそれが「SM」と呼ばれるものだと知りました。
高校生から当時の彼氏と軽いプレイを始めて、成人したらSMクラブに入って技術と経験を得よう、と決めていました。
Sをやるには必要だと思ったからです。だからプロをずっと続けるつもりはありませんでした。
それが、始めてみたら想像よりもずっと面白くて今に至っています。

S的な欲求は当然色々とあるのですが、その人の本質に触れられたと思える時や、繋がれたと感じられる時に幸せを感じます。
どうせ人付き合いするのなら深く知って深く付き合いたい。その為にも肉体を使うことはとても有効だと思います。

好きなプレイや、SM遍歴など詳しくはこのブログにも書いているので読んでみてね。

*Introduction

I have an English blog also. Please check it on the following page:Domina Ruiko

I'm a professional dominatrix based in Tokyo.
I belong to La Siora, which is a BDSM club located in Shinjyuku, Tokyo.

When you want to have a session with me, please contact La Siora.
Email:lasiora2008@gmail.com 
TEL:(03)6380-6568
Website:https://lasiora.org/
Reception:12:45-22:30
Open: 7 days a week

My working days are every Wednesday, Thursday and Sunday from 15:00 to 22:00 (Last session starts around 22:00).
If you want to have a session on other days, please ask our reception staff via email.

You can see my portraits via the following link.https://lasiora.org/en/domina/ruiko/
I have a private gallery page and an English twitter account also.
Private gallery: https://waruiko.smugmug.com/ Twitter:https://twitter.com/DominaRuiko

Although I didn't know what "it" is called, I was interested in BDSM in my childhood. When I became an adult, I've learned the name.
I started BDSM play with my boyfriend when I was a high school student. Furthermore I decided to work as a professional dominatrix. Because Dominas need skills and experience.
I began my career as a professional dominatrix when I was 20 years old.
At that time, I was only thinking of working as a pro-domina for long enough to get the necessary skills and experience, and then quitting to enjoy BDSM only as a hobby. But I couldn’t.
Because it’s too fun to stop.

(photo by Ichika Hiiragi)

今年もあと少しで終わろうとしています。

毎年この時期になると、ブログで1年の振り返りをしています。今年は特別な1年でした。
去年の12月末にマルタ、ロンドンの留学から帰って来て、久しぶりのSMに没頭し、3月頃からは6月に控えた10周年パーティーの準備に取り掛かって日々を過ごし、終わってからもイベントの日々が続いて、12月も後半になってひと段落しました。
これを書いている今頃、やっと一息ついているような感覚がします。

今年は、なんといっても10周年にまつわって、様々なケミストリーが生まれました。
それは想定外の大きさと範囲で起きました。驚いたり、喜んだり、怒ったり、幸せを感じたり、寂しんだり、深く感謝を感じたり、嬉しかったり…しました。
厳密に言うと、今もまだ気持ちが纏まりきっているわけではありません。自分自身のパワーや感情が大きく、周りとのそれも大きかったので、まだ着地しきれていない感じがします。
取り組んでいる最中は夢中で、よくわかっていませんでした。

だけど、今、確かなのは、自分の大好きなSMという世界で、マゾとも女王様ともそれ以外のこの業界に関わる様々な方たちと、色んな線を紡いでこられたことを実感して、感謝していることです。関係がなければ、どんなケミストリーも起きないから。

海外から帰ってきて、新しく出会えたマゾたちもいます。
来年の3月には女王生活を始めてから丸11年、12年目に突入することになります。今、一息ついて思うのは、シンプルにマゾたちとの時間を、一人一人と大事にしていきたいということです。やっぱり、私の感情を一番強く突き動かすのはマゾです。

今回の記事は、たくさん書こうと思っていたのですが、これから、言葉でないもので伝えていきたい、その過程で言葉にしていきたい、と書き始めたら思い、想定よりも短くなりました。

節目を終えて、2019年も終わろうとしている今、今出会っている付き合いの長いマゾとも、近ごろ出会ったマゾとも、また来年から、時間を紡いで、重ねていきたいと思っています。
まだ会っていないマゾたち。これからどんな子と会えるだろう。
新しくマゾと会った時私はふと、この子と私はどう関係が転がっていくんだろう、どんなドラマが待っているんだろう、と思うことがあります。

今年も私の前で色んな顔を、隠さずに見せてくれてありがとう。
今年もたくさん、それに心を動かされました。

来年もよろしくね。