FC2ブログ
只今、ラシオラのHPのトップページが私の画像になってます。
じゃーん
【こちら】
元々、違う意図で撮った写真…だったのですが
可愛くアレンジしてくれています。

この時の写真はモードっぽくがイメージ…普段赤い口紅を付けているけど敢えてのベージュでした。

それから敢えての裸足も。

私服でプレイすることも少なくないですが、外から来た、そのままの格好でプレイするのって
日常からのコントラストが強くなるのがいいよね。

跪く、という何気ない行為一つとっても、普段はそんな行動しない。
そういう一つ一つにドキドキしたいな。

twitterもやっているので、blogでは纏まった文書を…と思ってたのだけど、もう少し気軽にblogも更新していこうと思います。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
新しい水責めのバリエーションを紹介します。

[広告] VPS


四肢の拘束の仕方は以前と同じなのだけど、ポイントは首の拘束。
動画では隠れてしまっているけど、浴槽の底には吸盤が2つ張り付いています。
1つの吸盤にロープを固定してそのロープを首輪のリングに通してから、もう1つの吸盤へ通して、それから浴槽外の吸盤にこの動画の場合通してます。
えーっと、要するにロープを引っ張ると首輪が底へ引っ張られて沈むようになってるの。
その状態で、ロープが動かないように持つと、確実に浮き上がってくることはできません。
吸盤自体2つ使っているので100キロくらいの耐性があるのと、首をあげようとすると首が絞まるので無理なんだよね。

本当は沈めてる時の動画も載せたかったんだけど、過激なのか、アップロードできませんでした。
見たい人には直接見せるね。




息をコントロールするのは、そのまま生死を握っていることに繋がるから良い。
それから、近い距離でプレイができているから苦しい姿をゆっくりと詳細に見られる。
助けることは私にしかできない。
もっと苦しめることも自由にできる。

ふと、このロープを沈んだ状態で結んで固定したら、このまま死ぬんだなぁ、と頭に浮かんだ。
そう思うとなんだかソワソワした気持ちになって、どうしてもやってみたくなって、そうした。

眺めていると水の底で暴れて飛沫が上がる。
その飛沫が強くなった時に私はロープを切った。
2017.01.11 1月の予定
今月の予定ですが、25日(水)と27日(金)にお休みをいただきます。

よろしくね。

今週末は寒さが激しくなるみたいだね。
私はここのところ何故か風邪も引かない…。流行っているようなので皆さんも身体に気をつけてね。

好意を感じたら自分のものにしたいと思うのは普通じゃない?というか、自分のものにしたいという気持ちが好意じゃない?
と思っているんだけど
マゾは逆に思うようだし、どっちも違うという人もいるようです。
それはわかっていても、「自分が普通」と思ってしまう。
っていうの、みんなもない?



SM初めを終えて満足な時の写真。
2017.01.02 謹賀新年
明けましておめでとうございます。
皆様、お正月は如何お過ごしでしょうか?

私は元日から、欲に塗れて、打って震える身体を見ていました。
震えのような身体の反応は、本当だからいいですよね。

昨年中も大変お世話になりました。
31日にも書きましたが、皆さんがいなければ私は様々なことができていません。

本年もよろしくお願いいたします。

本年も皆様にとって良い年になりますように。
良い時間を共有できますように。


写真はクリスマスイブのヴィーナスナイトより。
今年も終わろうとしているね。

Twitterで「SM人生第3期に突入した感じがする」と呟いたりもしていましたが、2016年は新たなステージ(と言うと大袈裟だけど…)が始まったような年でした。

だから、常に、考えて想像してワクワクしてたような一年だったな。
そしてそれらを実行できました。

マゾのみんなは私が
「こんなことしようと思ってるんだけど~!」というのをいつもより多く聞いたと思います。
そして、それを面白がったりして、協力してくれました。
何度も繰り返すけど、マゾがいないと、様々なことが私は出来ていないよ…。

去年の大晦日のブログを読んでみたら
「2015年は考え準備する期間だったように思います。次のステップに向かって力を蓄えるような感じ。」
と書いていました。
来年はね、その時々の状況を堪能して満喫したいな。

今年はいい出会いが多い年でもあったな。冒頭にも書いた通り、今またSMが楽しい。
その理由は日々プレイをしているマゾ達が面白いからです。
自分の季節のようなものもあるのだろうけど、向き合っている個々の影響が強いんだなーと当たり前のことを実感しています。

今年もありがとう。
来年もよろしくね。